クルマのコーティング【元従業員がぶっちゃけ】本当に必要ですか?

CAR

こんにちは、マサヤです。

車が好きで、5年前にガソリンスタンドで勤めてました。

当時はケミカル会社の技術認定試験を受講してコーティング施工をしてました。

そんな私が3年間で思ったコーティング不要論をぶっちゃけます。

スポンサーリンク

コーティングしても変わらない3つ

洗う頻度は変わらない。

走行したら汚れは付きますから(^▽^)雨や風で落ちる程度の汚れ、それは汚れではなくホコリ。

コーティングで塗装面をツルツルにすることで汚れ落しが簡単になる効果はありますが、そもそも新車はツルツルだから不要です

汚れの原因は油分です、WAX・ポリマーなどコーティング剤には油分が含まれており皮膜が経年劣化で崩れると汚れの原因になる。キレイに見せるためのコーティングが、まさか汚れの原因になる事を誰も教えてくれない

塗装の艶は変わらない。

塗装面に油分を含んだコーティング剤を塗って艶出しするが、雨などの外敵要員で艶は褪せてしまう。特に雪は一発で撥水してたのが親水になって褪せてしまう。

キレイにする方法は塗装面を平にすることで成り立つ、平らな面に光があたった輝きがキレイにみえる。

経年車で塗装が色あせて見える場合は塗装面をツルツルにすることで改善できる

経年車の塗装面は顕微鏡レベルではデコボコしており、コーティング剤でデコボコの隙間を埋めてツルツルに仕上げる(段差を無くす)ことでキレイに見える。

キズが付くのは変わらない。

コーティング剤などを塗っても強度はなくキズはつく、スマホのガラスフィルムぐらいなら付かないがコーティングの工程は液体を塗って拭くので強度を語るのは無理がある

洗車機はキズ付きません、付いてたら今頃みんな告訴して世の中から洗車機が無くなってますよ。

コーティングを売りたい業者と洗車機を売りたい業者の言い合いで、そもそもキズの特徴は円を描いたのが大半で洗車機の動きから円は考えられない

昔あった固形のカルバナワックスとかはボディが乾いた状態で磨くからキズが付きやすい。最近のコーティング剤は水を使うのが大半でキズが付きにくいです。

✔︎結論、新車にコーティングは不要
  • 新車は塗装面がツルツルだから汚れがつきにくい
  • 汚れの原因になる油分を含むコーィングは避ける
  • コーティングしてもキズは付く、走れば付きます。
スポンサーリンク

キレイに保つ洗車のポイント3つ

普段はシャンプーだけ。

汚れの原因は油分、中性洗剤で洗うのが良い。ドライブスルー洗車のシャンプーコースで十分です。

コーティング車には水洗いだけって聞くが、水だけでは油分を落とせないから汚れが残る

撥水シャンプーなど、簡単にWAX・コーティングを謳う商品も不要。油分から遠ざけるのが一番重要。

洗車後は拭く

✔︎白い斑点シリカから守る。

意外と知られてない、洗車で使う水の水質によっては注意が必要。

シリカを多く含む地域の水質の場合は拭き上げは必須、特に井戸水は注意が必要

水道も地域によって水質が全然違うので注意が必要、お風呂の鏡が白いシミが付きやすい地域は特に注意

シリカは乾くと白い斑点が残り塗装面に固着する。除去するにはコンパウンドを使うんだけど、除去出来ても磨きキズが付いてしまう。

巷に聞く「純水」とは、シリカが少なく白い斑点が残り難い。

自然の雨はシリカが少なく白い斑点にはならない

洗車する時間がない方は、雨の日にドライブスルー洗車機でシャンプーがおすすめです。3分程度で油分も落としてシリカも雨で流されるからメンテナンスにかかる時間は最小限にできる、しかも空いてる。

✔︎汚れをしっかり落とす。

クルマを洗う時は水を使って洗うが、洗うだけでは汚れは全部落ちているわけではない。

塗装面とスポンジの間には水分があり抵抗を減らしてキズを付けにくくしている一方で、洗浄力は低下して目に見えない汚れが残っている。

洗車後に拭くことでタオルに汚れが付着して汚れ落としになる、水滴がないところも拭くことを意識して洗車するのが良い

最低でも年4回は手洗い

汚れを短時間でサッと落とすにはガソリンスタンドのドライブスルー洗車が最適だが、しつこい汚れはドライブスルー洗車では取れないんだよ。

なぜか、洗車機は一定の時間で一定の場所を洗うので、汚れの多いところだけ多く洗うことができないし、隙間とかにも届かないからね。

汚れを3ヶ月以上放置し続けると、中性洗剤では落ちにくくなってコンパウンド入りの洗剤の出番になる。

コンパウンド入りの洗剤はキレイになるけど、塗装を削るため(塗装ハゲはしませんが)塗装面がデコボコになって汚れの付着し易さに繋がるから出来るだけ避けたい。(どうしても取れない場合が仕方ない)

ヒドイ汚れが付く前に手洗い洗車で汚れを落とすのが重要、理想は月1回の手洗い洗車がだが最低でも3ヶ月に1回は手洗い洗車をして欲しい

✔︎結論、キレイに保つコツ
  • 普段の洗車はドライブスルー洗車のシャンプーコース。
  • 洗車後は丁寧に拭く。
  • 最低限3ヶ月に1回は手洗い洗車で汚れを落とす。

【送料無料】ラモップ・キーパークロス・レジンクロス セット【正規品】グローブタイプ 洗車 手洗い シャンプー 洗車拭き上げ 多目的 業務用 プロ使用 keeper技研 快洗隊 キーパーラボ キーパームートン

こちら、洗車道具で迷ったら読んでみてください。

スポンサーリンク

まとめ

  • コーティングしても洗う頻度・艶・キズ付き易さは変わらない。
  • コーティングに費用を掛けるよりも普段の洗車頻度を増やすことに費用を掛けるべき。
  • 汚れの原因は油分、撥水・輝きなどの謳い文句に惑わされない精神力が必要。

私の3年間洗車してきて感じたことであり、劣化しないコーティング剤が誕生したら歴史は変わるかも知れない。

いろいろな諸説はあるがコーティングを売りたい方々の意見ばかりでは判断材料が少ないと思って執筆しました。

参考にしていだければ幸いです。